遺産相続における、土地の名義変更とその手続き

土地の名義変更と手続き

遺産相続をする際、土地の名義を変更するにはどうしたらいいのか

遺産相続における、土地の名義変更とその手続き

土地の名義変更は、相続による変更の際には、相続登記を行います。

故人の不動産の名義変更する際には、どの不動産を誰が相続するのかの話し合いが行われます。

遺産分割協議と呼ばれるものです。

全員が会って話し合う必要はありませんが、口約束だけでは不十分で、たとえば全員の印鑑証明書なども必要になってきます。

遺産というのは、一般的には遺言が優先し、遺言がない多くのケースでは、民法によって法定相続分で相続します。

配偶者と子どもが残されたというケースでは、配偶者が半分、残りは子どもが子どもの人数で等分にするというのが原則です。

この際、遺産のすべてが現金や預貯金など、法定相続分の割合通りに割り切れるものなら良いでしょう。

しかし多くの場合、遺産は土地であり、不動産であり、そのまま割り算では計算のできないものが多いわけです。

遺産分割協議は、遺産相続人の全員が納得する形で、何を誰が相続するかの結論を出す必要があります。

相続登記では、故人が出生してから死亡するまでのすべての故人の住民票の除票、戸籍謄本、相続人全員の印鑑証明書と住民票、全部事項証明書、不動産の固定資産評価証明書、遺産分割協議書、が必要になります。

かなり専門的な知識が必要な為、多くの人が不動産名義変更手続センターへ相談に訪れるそうです。

いざ相続…となって初めて慌てる事のないように、事前にある程度調べておくとよいでしょう。

土地の名義変更と手続き Copyright (C) sagescafe.biz. All Rights Reserved.